社員教育

​社員教育
​新人教育 ・・・ 
【初任教育】
入社時に行います。
プロドライバーとしての心構えから、危険予知トレーニングなどの乗務前に必要な知識を学びます。
【初任診断】
動作の正確さやタイミングなどの各種測定し、安全態度・危険感受性・性格特性などを診断します。
この結果を元に、自分自身では気が付きにくい運転傾向に気が付き、安全運転に活かせます。
【整備・点検教育】
整備責任者による、日常点検や重要点検項目などの教育。
乗務する車種に合わせた特徴など、日々安全運行する為の知識を学びます。
【添乗指導】
​運行管理者または先輩ドライバーに添乗し、運転・作業などを確実に出来るようにする為の教育です。
安全教育 ・・・ 
【年間教育】
毎月テーマを持って、全従業員を対象にした安全意識を高める教育です。
【外部講習】
外部機関の講習に積極的に参加し、安全に対しての知識・技術を向上させます。
【自社独自講習】
自社の車両に合わせた整備・点検講習。
整備管理者の目線で、重要な項目や問い合わせの多い項目などの実技講習。
その他、チェーンの取付講習や管理者による添乗指導など実施。
「安全とは危険を考える事。」
 
「そもそも安全とは存在しない、本来存在するのは危険である。」
 
「安全な状態とは、危険を除去または制御し、その対策機能が維持されている特殊な状態である。」
​私たちの仕事は常に危険と隣り合わせです。
しかし、努力をすれば安全を得る事も維持する事も可能です。
「安全運転」聞きなれたフレーズですが、その言葉の身近さからは考えられない程、特殊な状態です。
​その特殊な状態を得る、維持する為に私たちは必要な教育に力を入れております。